ごあいさつ

ごあいさつ
パートナーとは、『各人の経験知を全て出し合って、各人や組織の目的を協同して達成 する仲間』であると思います。私の経験知は、公認会計士として、国際会計事務所の パートナー・朝日監査法人(現 あずさ監査法人)代表社員・株式会社日本総合研究所 の理事等として、また上場企業の社外取締役や中小企業の顧問、経営コンサルティングや大学教授・学会活動等から、40年以上の間 に培った会計監査・経営品質やベンチマーキングによる経営革新・知の経営(ナレッジマネジ メント)・IT経営・イノベーションプロセス・経営幹部教育等の実践的ノウハウです。この機会を捉え過去の知の集積 を社会に還元すべく、今後は、現在の知を加えパートナーの知を結集することを通じて社会貢献でき ればと願っています。つきましては微力ながら、皆様との「経営の知の収集・共有・ 活用」に専心努力いたす所存でございますので、T&T PARTNERSに対するご支援・ご 鞭撻を賜りますようお願い申し上げます」
会長プロフィール
髙梨 智弘(たかなしともひろ)
T&Tパートナーズ会長
公認会計士
株式会社日本総合研究所フェロー
自治医科大学客員教授
慶應義塾大学SFC研究所上席所員

文部科学省独立行政法人日本学術振興会評価委員

タカナシ乳業株式会社顧問
 
【略歴】
 1968年 慶應義塾大学経済学部卒業
 1969年 早稲田大学大学院商学研究科中退
 1983年 ハーバード・ビジネススクールAMPコース修了
 1970年 アーサーヤング会計事務所入所
 1975年~76年 米国シカゴオフィスにコンピュータ監査人として勤務
 1975年 公認会計士
 
 その後、アーサーヤングパートナー、朝日監査法人代表社員、朝日アーサーアンダーセン代表を歴任。
 成蹊大学経済学部非常勤講師、日本公認会計士協会 情報システム委員会委員長及び経営研究調査会副委員長、
 日本経営分析学会理事、日本財務管理学会理事、 日本危機管理学会会長、日本ナレッジ・マネジメント学会副理事長、
 医療経営総合研究協会会長、国際コンサルタンツグループ会長、
 The Benchmarking Review ( London ) 誌Int’l Editorial Board 委員 、関西学院大学大学院非常勤講師、
 法政大学エクステンションカレッジ講師、神戸大学大学院  経営学研究科非常勤講師、
 明治大学リバティアカデミー非常勤講師、杏林大学総合政策学部非常勤講師を務め、
 現在は、日本イノベーション融合学会理事長、日本経営品質学会理事、NPO法人内部統制評価機構理事長、
 NPO日本ナレッジ・マネジメント協会理事長、NPO法人ITコーディネータ協会理事などを務める。
 
 1981/1982年、香港日本商工会議所理事
 1995年4月より日本総合研究所理事、2008年6月から同社フェロー(現任)
 1995年7月~2005年6月(財)社会経済生産性本部「ベンチマーキング推進会議」総合コーディネーター
 1995年12月から「日本経営品質賞」推進委員。1996年度同賞審査委員。 1996~07年度同賞判定委員
 2003年1月からNPO内部統制評価機構専務理事、2008年6月から同機構理事長(現任)
 2008年6月~2010年6月株式会社フジタ 取締役
 2013年9月から株式会社経済産業新報社取締役会長(現任)
 2013年9月から株式会社トラスト・テック 取締役(現任)
 
【資格】
 公認会計士
 医業経営コンサルタント((社)日本医業経営コンサルタント協会認定 )
 ベンチマーキング・インストラクター(APQC /(財)社会経済生産性本部公認)
 ハーマンモデル・ファシリテータ(ハーマンインターナヨナル認定)
 ITコーディネータ(特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会認定)
 知識統括役員(CKO)(法政大学エクステンションカレッジ/日本KM学会認定)
 認定内部統制評価者(特定非営利活動法人 内部統制評価機構認定)
 
【著書】
 「プロセスで解き明かすイノベーション」(共著、日経BP社)、 2014.5.20
 「ITコーディネータ実践力ガイドライン」(共著、日経BP社)、 2013.3
 「弓と矢の国」(電子書籍 BookLive), 2012.2
 「知の経営~透き通った組織~」(白桃書房),2009 (日本危機管理学会 学術貢献賞受賞 2010.5)
 「INOVAÇÃO」(ブラジル Editora Saraiva、 共著),2007
 「ベンチマーキング入門」(生産性出版), 2006
 「弓と矢の国」(シュプリンガー・フェアラーク東京), 2005
 「“日本発”MBA戦略&マネジメント:基礎編」(中央経済社、共著), 2003 
 「プロセスマネジメント入門] (生産性出版、共著), 2003
 「これから求められる管理者捨てられる管理者」(こう書房), 2001
 「ITコーディネータに1回で受かる本」(中経出版、共著), 2001
 「図解わかる!ナレッジマネジメント」(ダイヤモンド社),2000
 「入門マネジメント&ストラテジーよくわかるナレッジマネジメント」(日本実業出版社、編著), 2000 
 「入門ナレッジ・マネジメント基本と実例」(かんき出版、共著),1999
 「経営品質の真実」(生産性出版),1998
 「経営を読む事典」(東洋経済新報社、編著), 1998
 「Global Cases in Benchmarking」(米国 ASQC Quality Press、共著),1998
 「リスク・マネジメント入門」(日本経済新聞社ー日経文庫ー) ,1997
 「経営品質革命」(東洋経済新報社),1996
 「日本経営品質賞」(生産性出版、共著),1996
 「マネジメントの基本」(日本経済新聞社ー日経文庫ー), 1995
 「ベンチマーキングとは何か」(生産性出版),1994
 「蘇れマネジメント・パワー」(中央経済社),1994
 
【訳書】
 「アテンション!」(シュプリンガー・フェアラーク東京、共訳),2005
 「ハーマンモデル」(東洋経済新報社、監訳),2000 
 「ビジネス・プロセス・ベンチマーキング」(生産性出版、監訳),1996
 構造化「分析とシステム仕様」「合併・買収の人材戦略」( 日経BP社、共訳 ),1986
 「管理職ハンドブック」(日本経済新聞社、共訳),1987 他多数。
 
【論文】
 「新時代のナレッジ・マネジメント『知の経営』」
 (日本総研Japan Research Review 創立35周年記念特別号2004年12月)
 「ナレッジを見る目(1)~(23)回連載」 (経済産業新報2001年5月から2005年8月)
 「
ナレッジ・マネジメント①~⑳回連載」(日本経済新聞1999年2/3月)
 JOURNAL of INNOVATIVE MANAGEMENT誌 「米国 THE JAPAN QUALITY AWARD:EXCELLENCE IN QUALITY    
 MANAGEMENT」,1998
 経済教室「ベンチマーキング推進母体を」(日本経済新聞1995.9.16)
 DIAMONDハーバード・ビジネス誌「変革と潜在力開発が生み出すハイ・パフォーマンス1995.3」、他多数。